仕事

iPhone5が発売されてから、早くも一週間になろうとしています。
もちろんピーコロは、初期ロットを21日の発売日に
さっそくゲットしました!(^^)!
ホワイトの32Gとアマゾンでみつくろったケース。
DSCF0237b.jpg DSCF0238s.jpg
画面が640x960から640×1136に少し縦長になった関係で、
対応していないアプリは、上下に黒い帯ができます。
あるお天気アプリの例。上下に黒いスペースが入る。
222.jpg
その中で、以前に『ピーコロ流お奨めiPhoneアプリ特集』で紹介したものや、そうでないものの中で、早々に縦長に対応したアプリを今日は列挙しましょう。
【連絡先+】
連絡先+.jpg
【アルバム+】
PhotoBook _ Photos Organizer 1.jpg
【Scientific Calculator+】
Scientific Calculator+.jpg
【GoodReader】
GoodReader for iPhone.jpg
【Moca】
Monthly Calendar Moca.jpg
【Houzz】
Houzz Interior Design Ideas.jpg
【Houzz】の画面。縦長に対応しています。
建築家が投稿した魅力的なハウスの内外写真がたくさん見れます。
111.jpg
iPhone5の画面に対応したものは、まだまだ少ないのが現状です。
ちなみに、iPhone5対応のアプリ作成については、いろいろと情報が出始めています。↓↓↓
・アプリのiPhone5対応 
・アプリをiPhone5に対応する場合の地雷ポイント一覧
・iPhoneアプリ開発備忘録

仕事

さて、この一か月、ブログの更新もしないで何をしていたかというと・・・・

そうです、iPhone用アプリを開発していたのでした。
作ったものは↓↓↓
 「10パズル」http://p56.biz/app/app/app-ios/tenpazzle.html
IMG_0708.jpg

IMG_0709.jpg

上記のご紹介ページにもありますように、4つの数字を四則計算して10にするための式を検索するという、大変マニアックなアプリです。

以前、Windows用に作りましたが、同じことを手元でできれば便利かなと、プログラムの練習がてら作ってみました。
Windows用はこちら⇒⇒⇒ http://p56.org/p56ln/soft/400.html

アプリを検索しても、テンパズルをクイズ形式で出題して答えを考えるというものはたくさんありましたが、答えとなる式そのものを列挙するアプリはなかなか見つかりませんでしたので、わりと需要があるのでは?と思ったりします。

アイフォーンお持ちの方は、お試しください・・・・(宣伝(^_^;)?)

アイフォーン用のアプリは初めてでしたので、いろいろ大変でした。

まず、プログラム言語が、今まではビジュアルベーシックに慣れていましたが、Object-cというC言語を使用しないといけないので、それ用の説明本を、何かのついでに池袋のジュンク堂に行き、たくさん(といっても4冊くらい)買ってきて、一通り読みました。

また、パソコンがWindowsでは開発が難しく、Macパソコンでないといけないので、ヤフオクで、入手可能な一番安いMac Miniをなんとかゲットして、(一番安いのといっても、スペックがCore2 Duo 以上でないと作れない)

それから、アップルのサイトで一年間のデベロッパー契約というのをして、(これをしないと、実機でテストできず、また、一般公開できない)なんとか開発環境を整えました。

出来上がったので、アップルにアップロードしようとしたら、これまたいろいろな電子証明書や何かが必要など面倒な操作が必要でしたが、何とか公開にこぎつけた次第です。

↓↓↓このサイトが結構役立ちました↓↓↓
http://d.hatena.ne.jp/Kmusiclife/20110630/1309425193

iPhone用アプリはWindows用ソフトに比べると開発が容易なので、暇なときにでも(暇なはずないですけど)、いろいろと作れそうです。

仕事

先日開発した「GH-FourTen」というソフトが
たまたまベクターの担当者の目にとまったらしく、
新着レビューに掲載されました↓↓↓
http://www.vector.co.jp/
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/110204/n1102041.html
今また、別のソフトを実はひそかに開発中・・・だったりします!(^^)!
少々込み入ったソフトなので、完成はいつになるかわかりませんが、
お楽しみに・・・
ついでに、最近撮った写真もご紹介しましょう。
館山の佐久名ダムというところへ行く途中の風景。
CIMG0235.jpg
山に囲まれた田舎風景です。
CIMG0236.jpg
咲いていた花。
CIMG0237.jpg
同じ館山でも、この辺りは山に囲まれ日陰も多く、海の近くと比べて、冬の寒さを感じました。

仕事

少し前に開発した「1+2+3+4=10」というソフトを大改造して、
タッチPC用に作り直しました。
こちらです↓↓↓
GHForeTens.jpg
指で操作しやすいように、いろいろと工夫しました。
・指で押しやすいように、ボタンを大きくしました。
・ボタンを押すと、音で反応します。
・フォームの大きさを自在に変化して、使いやすい大きさにすることができます。
タッチイベントはプログラムがなかなか難しいので、とりあえず、
左上のアイコンイメージ上で指を滑らすと、説明のテキストがちょっと変わるようにしました。
どのようなソフトか、使ってみたい人は、以下からダウンロードできます。
http://p56.org/GH-FourTen.zip
これで、スレートPCを無償提供された条件をなんとかクリアできたかな?と思いますが・・・

仕事

最近、またまた高速バスで東京に行きました!
「なのはな号」バスの中
CIMG0151.jpg
バスの中からの風景
CIMG0152.jpg
川の上の橋を渡るときが撮影チャンスです。
CIMG0153.jpg
東京から電車で霞が関へ
CIMG0156.jpg
それから六本木へ行きます。
六本木交差点
CIMG0157.jpg
今回の目的地は、六本木のミッドタウンというところ。
CIMG0160.jpg
かなり大きな建物です。
CIMG0161.jpg
中の吹き抜けはこんな感じ。建物の中にはショッピング街があり、上のほうはビジネス用途のようです。
CIMG0164.jpg
なぜ、ここにきたかというと・・・、
約一週間前に自作のフリーソフトをいくつか投稿しているベクターから、
「マイクロソフトでは、日本のトップレベルの開発者様を対象とした『Windows 7マルチタッチ対応アプリケーション開発者会議』を開催いたします。・・・なお、ご応募の数が多い場合には、抽選によるご招待とさせていただきますので、あらかじめご了承ください」。
というメールが届いたので、暇つぶしに、いちおう応募しておいたところ、三日前にマイクロソフトから、
「このたびは、『Windows 7 マルチタッチ 対応アプリケーション 開発者会議』にご参加を表明いただきまして、誠にありがとうございます。このご案内をもちまして、正式に当会議へのご招待とさせていただきます」。・・・
というメールが届いて、その開催場所が六本木だったというわけです。
会場はこんな感じ。
CIMG0175.jpg
はじまりました。
「日本のトップレベルのソフト開発者様100人をお招きして・・・」とおだてられました。
CIMG0166.jpg
指で拡大・回転させるにはどんな命令をつかうのかという説明
CIMG0167.jpg
指を離した後も慣性運動をさせる命令もあるという説明
CIMG0172.jpg
なんでも、タブレットとタッチは別物で、別々のイベントが発生するとのこと。また、タッチは論理的には256タッチまで同時対応できるが、今はまだ、2タッチと4タッチのPCしか出ておらず、日本ではまだほとんど販売されていないということです。そのため、ソフト開発者も動作確認ができなかったり、開発意欲がわかなかったりしているので、今回の会議が開催されたということです。
そして、最後に、マルチタッチに対応したソフトを作るという条件で、
動作確認用に無償提供されたものがこれです。↓↓↓
CIMG0176.jpg
出してみると、オンキョーのタッチPCが入っていました。
http://onkyodirect.jp/pc/slate/
CIMG0177.jpg
Windows 7 Home Premium が動きます。
CIMG0183.jpg
アイパットと比べると、ちょっと分厚いかな・・・
CIMG0184.jpg

日記

最近ふと思いついて、久しぶりに新しいソフトを開発しました。
題して「4つの数字を四則計算して10にする数式を検索するソフト」
では長すぎるので、「1+2+3+4=10」という名前らしくない
名前でとりあえず作りました。
それともFourTenとでも付ければかっこいいでしょうか。
これです↓↓。
ft005.jpg
よく車のナンバープレートの四つの数字で、10にするにはどうすれば
よいか、ゲーム感覚でしていましたので、プログラムでこのことが
できればいいと思っていました。
いろいろネットで調べると、とても役立つ情報が見出せます。
たとえば・・・
http://q.hatena.ne.jp/1209452718
などです。
今回は最新のVB2010の無料版を使用して作りました。
括弧の使用に対応させるのが結構たいへんでした^^;
どんなソフトか使ってみたい方は、以下からダウンロードできます
ので、よかったらどうぞ。
http://p56.org/p56ln/soft/fourten.zip
(インストールの際、VB2010で作ったソフトを動かすための
ランタイムを、マイクロソフトのサーバーよりダウンロードしますので
ネットにつなげた状態が必要です。また、ランタイムのインストールに
10分くらいかかる場合があるようです…)