インターネットのスピードの測り方

Work...

最近、趣味?というほどでもありませんが、自宅のインターネットのスビードを計測することがよくあります。といっても難しいことはなく、一例として、以下のような速度計測アプリをスマホなどに入れれば簡単にできます。

みんなの速度

これで速度を計測しましたところ、以前は【下り 0.3~6Mbps上り 60~80Mbps】くらいだったのです。ADSLより早い光回線なので、たしかにADSLよりは速いのですが、下りが夜になると0.3の速さになり、なかなかサイトが表示されない状態なり、もっと早くならないだろうか?いなかだからしょうがないのかな?と思っていました。

いろいろと調べると、『プロバイダーを変えると早くなった』『最新の通信形式のv6プラスを使えるプロバイダーがいい』『v6プラスはIPoE+IPv4 over IPv6という通信形式なので早い』といった情報がみつかりました。

いま使っているプロバイダーを調べましたら、案の定、『v6プラス』には対応していませんでした。それと似ている『iPv6』には対応していましたが、こちらだけでは『IPoE+IPv4 over IPv6』にはならないのです。

それで早速、今使用しているドコモ光に電話して、プロバイダーの変更を申し込み、新しいプロバイダーが開通するのを確認してから、古いプロバイダーに電話して解約しました。〈条件により解約料がかかる場合もありますが、今回は無料で解約できる状態でした〉

さて、スピードはどうなったでしょうか?

スピード計測アプリ。右上の「回線測定」を押してネットの環境を指定すると計測できます

【下り 0.3~6Mbps上り 60~80Mbps】だったのが、下りも上りも90くらいに一気に早くなりました。これで、夜の時間もすいすいインターネットができようになりました。めでたしめでたし~

ところが・・・・このスピード計測アプリでは、同じ契約の同じ地域の平均を調べることもできるのですが、この辺りの平均はこの3~4倍の速さです。なぜかな?とさらにしらべてみましたら、

『ドコモ光の最高速度は1GMbpsだが、フレッツ光からドコモ光に変更した場合、フレッツ光の最大速度がそのまま引き継がれる』という情報を見付けました。ここも、以前はフレッツ光で『ファミリータイプ(100Mbps)』というプランを利用していたので、ドコモ光に変更した後の現在もそのスピードのままとなっていたようです〈スピードにかかわらず料金は同じ〉。

そこで、再びドコモ光に電話して、100Mを1Gにする申し込みをしました。NTT内部での工事〈工事費2,000円〉が必要ということで、10日ほどしてから無事に1Gになりました。

さてさて、果たしてスピードはどうなったでしょうか(・・?

IPoE+IPv4 over IPv6のv6プラスになっているかは自動的に判断され表示されます

超絶に早くなりました!(^^)!【下り 0.3~6Mbps 上り 60~80Mbps】だったのが【上り下り90Mbps】になり、それがさらに【下り500Mbps前後 上り260~450Mbps】もの速さになりました!(^^)!

これで、夜の時間帯にzoomで100人くらいでミーティングしたとしても、スムーズに表示されるようになるはず(^^♪